頭皮のかゆみの原因、対策



頭皮のかゆみは炎症が引き起こしています。炎症は知覚神経を刺激することで痒みを発生させます。さらに、頭皮環境が乱れることでフケ、痒みが発生します。ここでは炎症を発生させる乾燥や皮脂などについて解説します。

・頭皮の乾燥によるフケ
頭皮が乾燥するとバリア機能が乱れます。その結果、外部刺激の影響を受けやすくなります。乾燥することで毛穴が角化し、角質が正常異常に剥がれ落ちて乾いたフケになります。頭皮の乾燥には脱脂力の弱いアミノ酸シャンプーを使用し、頭皮化粧水や育毛剤などを使用するのがおすすめです。

・皮脂過剰によるフケ
皮脂が過剰に増えると毛穴が詰まります。その結果、頭皮にはマラセチア菌と呼ばれる真菌が発生し、炎症を引き起こします。さらに、ベタついたフケやかゆみが発生しやすくなります。

皮脂過剰のフケには抗真菌剤を配合したシャンプーの使用がおすすめです。その他、炎症を抑えるステロイドの塗り薬も有効です。ストレスや睡眠不足、揚げ物や甘いものの食べ過ぎなどにも注意が必要です。脂質代謝をサポートするビタミンBをしっかり摂る事も大切です。

頭皮のかゆみシャンプー



●メディクイックHシャンプー
メディクイックHシャンプーには抗真菌剤を配合。痒みの原因を作り出す真菌を阻害する硝酸ミコナゾールを配合することで、フケ、痒みを抑制します。さらに、炎症を抑えるグリチルリチン酸2kを配合。

洗浄成分はアミノ酸系のみを使用し、皮脂を取りすぎることはありません。ノンシリコン、弱酸性だから低刺激を実現しています。乾燥や皮脂によって発生する頭皮のかゆみにおすすめできるシャンプーです。

頭皮のかゆみ ヘアトニック



柳屋の薬用ヘアトニックは洗髪後に使用するヘアトニックです。有効成分には殺菌作用のあるピロクトンオラミンを配合。皮脂によって増える細菌を抑え、フケの発生を抑えます。その他、炎症を抑制するグリチルリチン酸2k、酸化を抑える活性酸素も配合。皮脂などによるフケ、痒みを抑え、頭皮をすこやかに保ちます。

頭皮のかゆみ 市販薬



ムヒHDは頭皮の痒み、湿疹にアプローチする市販の治療薬です。痒みの原因となる炎症を抑えるステロイドを配合。さらに、痒みの原因となるヒスタミンをブロックするジフェンヒドラミン塩酸塩を配合。頭皮に炎症、かゆみをしっかり沈めます。

その他、皮膚を修復するアラントイン、パンテノール、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールも配合。かゆい部分にピンポイントで働きかけます。メントールを配合することでスッーとした爽快感もあります。


スタッフ体験レポート

人気の育毛シャンプーを当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ