トップページ > 脂漏性皮膚炎 > 脂漏性皮膚炎を改善する方法

脂漏性皮膚炎を改善する方法

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因です。皮脂によって細菌が繁殖し、ターンオーバーが異常に早くなります。その結果、フケやカユミが発生します。さらに、皮脂が酸化する事で毛穴づまり、抜け毛などを引き起こします。ここでは脂漏性皮膚炎を改善する方法について紹介します。



●殺菌作用のあるシャンプーを使用する
脂漏性皮膚炎は細菌、真菌によってフケ、痒みが悪化します。そこで使用したいのが殺菌成分「ピロクトンオラミン」、真菌を取り除く「ミコナゾール硝酸塩」などを配合したシャンプーです。真菌、細菌を殺菌することで、痒みやフケを改善します。

●アミノ酸シャンプーで頭皮を優しく洗浄する
皮膚炎になると頭皮は非常に敏感になります。脱脂力、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、皮脂の分泌がさらに過剰になります。皮脂を摂り過ぎないアミノ酸シャンプーを使用することがおすすめです。

●ビタミンB郡を摂る
ビタミンB郡には皮脂の分泌を抑える作用があります。ビタミンB1には糖質を抑える作用があります。豚肉をはじめ、玄米、納豆、うなぎなどに豊富です。ビタミンB2には脂質の代謝を促進する作用があります。ビタミンB2はレバー、うなぎ、牛乳などに含まれています。

脂漏性皮膚炎のシャンプー



●コラージュフルフルシャンプー
脂漏性皮膚炎の原因は皮脂を餌にするマラセチア菌です。マラセチア菌は皮脂を分解する過程で炎症を引き起こし、フケや痒みを悪化させませす。このマラセチア菌の繁殖を抑えるのがコラージュフルフルシャンプーなどに含まれる硝酸ミコナゾールです。コラージュフルフルシャンプーには硝酸ミコナゾールを0.75%配合し、フケや痒みを改善します。



●ニゾラールシャンプー
薄毛治療クリニックや個人輸入などで購入できるのがニゾラールシャンプーです。ケトコナゾールと呼ばれる抗真菌成分が2%配合され、脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌を強力に殺菌し、脂漏性皮膚炎を抑制します。さらに、ケトコナゾールには抗男性ホルモン作用があり、皮脂の分泌を押させる作用もあります。

脂漏性皮膚炎 市販薬


●メディクイックH
メディクイックHは頭皮湿疹用のスプレーです。痒みの原因となる炎症を抑えるステロイドを配合。ステロイドは市販で使える強さ「ミディアム」タイプです。さらに、痒みを抑えるクロタミトン、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールを配合。市販薬で頭皮の痒みを抑えたい人に最適です。
スタッフ体験レポート

人気の育毛シャンプーを当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ